スポンサードリンク

コミュ障が見られる時期と症状

コミュニケーション障害の略を「コミュ障」といいます。
人間は人と人との関わりの中で言語生活を通して生活していていますね。
しかし、「コミュ障」の人は、それが難しいといいます。

今では、「コミュ障」は深刻な問題になっているようです。
「コミュ障」ととはどのようなものなんでしょうか。
簡単に説明したいと思います。

「コミュ障」はどもりや失語症などが見られる心の病気です。
脳や聴覚など、人体に特に問題もありません。
健康な状態なのに、言語障害や言語発達に遅れが見られというのです。

「コミュ障」が多く見られる時期

この障害が多く見られる時期としては、
幼児期・小児期・青年期に多く発病するようです。
現代では青年期を越えてもこのコミュ障で悩んでいる人も多いようですね。

「コミュ障」の症状

○同じ年齢の子達と会話をしていても、言葉で表現する能力が低い。
○その言葉をなかなか思い出すことができない。
○会話しようとしても口からうまく言葉が発声できない
○話の文脈を読み取り理解することが困難
○会話に必要な言葉を瞬時に口に出すことができない。
○相手の話している言葉を、意味のある音声として理解できない
○他者の心を読むことが難しい

コミュニケーション障害は、社会生活を送る上で必要な他人との
コミュニケーションを上手くとることができないですね。
特に身体に痛みなどの異常を感じることはないのですが。

それが、心に大きなダメージ与えている場合が多いようです。
「コミュ障」は、日常生活において会話を上手くかわすことが出来なかったりします。
友人などと上手くコミュニケーションをとることが出来ないので、
普通の生活を送るのでさえ難しくなっています。

会話が全くできないということではありません。
ただ、年齢相応の発音・発言ができないのです。
あるいは、それが幼稚な発言だったりします。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加