スポンサードリンク

紫外線対策と紫外線量の多い時期

最近、特に紫外線対策をする必要性を感じるようになりました。
サングラスはあまり混みでなかったのですが、
目に対する紫外線の影響の大きさに驚いてからは、

サングラスを購入しました。
特に車を運転しているときには、いまでは重宝しています。

紫外線が強い季節

紫外線が強い季節はいつ頃なので書いうか。
夏前後が一番紫外線が強いようですね。
その時期は紫外線対策は必ずした方が良いでしょう。

紫外線量は5月から7月にかけてが最もが多いといいます。
最近は、オゾン層の破壊が話題になっていますね。
今の科学では破壊されたオゾン層を元に戻すことはできていませんね。

オゾン層は紫外線から守る働きがあります。
それが破壊されると、紫外線が直接地表に到達してしまいますね。
肌へのダメージもとても大きくなります。

年代でいうと今の時代が昔と比べて紫外線の影響は
大きくなっているということがいえと思います。
気温が30度を超える真夏日があります。

照射量も非常に多くなっていますね。
人によっては短時間で日焼けしてしまうようです。
少し前までは、日焼けしている子供は健康そうにみえましたね。

しかし、紫外線を浴びることで日焼けするのですから、
子供にとっても紫外線は脅威になります。
熱中症などを発症してしまう危険性も高くなります。

紫外線対策

○日焼け止めを塗る
○帽子をかぶる
○紫外線の強い時間帯は外で遊ぶのを避ける
等の対策が必要ですね。

脱水症状にも紫外線が強い5月から7月や、
残暑の残る8、9月、などにも注意するようにしたい物ですね。
最近は、屋内でも紫外線対策が必要だといわれていますからね。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加