スポンサードリンク

手足口病の感染と治療

手足口病とは

手足口病は、ウイルスの感染によって起こる感染症です。
口の中や、手足などに水疱性の発疹が出てきます。
病気の原因となるウイルスは、

○コクサッキーウイルスA16
○エンテロウイルス71(EV71)
○コクサッキーウイルスA6、A9、A10
等が原因になることもあります。

感染経路は、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入る)
飛沫感染、が知られています。

夏の季節の間、こどもを中心に流行します。
感染症発生動向調査によると、例年、手足口病を発症した中で、
乳幼児が占めている割合が90%前後になる。

手足口病の症状

感染してから3~5日後に、2~3mmの水疱性発疹が
手のひら、口の中、足底や足背などに出ます。
発熱は約3分の1にみられる。

あまり高くならないことがほとんどですね。
高熱が続くことは、普通はありません。
手足口病には特別な治療方法はなく特効薬もない。

基本的には軽い症状の病気になります。
ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気です。
しかし、まれですが、発熱が2日以上続く、高熱が出る、

呼吸が速くて息苦しそう、水分が取れずにおしっこがでない、
頭を痛がる、嘔吐する、視線が合わない、呼びかけに答えない、
等の症状があれば、すぐに病院で受診しましょう。
合併症に注意をする必要があります。

手足口病の発生状況

手足口病は、世界中でみられる病気です。
日本では毎年、夏を中心として発生し、7月下旬に流行のピーク。
ほとんどの場合、軽症で手足口病は、治ります。

EV71による手足口病は、他のウイルスによる手足口病に比べて、
重症化する割合が高いようです。
しっかりと経過観察をする必要があります。

手足口病の感染しないための予防策

手足口病には予防接種はないです。
また手足口病のための予防薬もありません。
便などからウイルスが治った後でも、長い間、排泄されることがある。

また、感染しても発病はせず、ウイルスを排泄している人もいるようです。
これらのことから、発病した人だけを長期間隔離しても有効な感染対策にはならない。
衛生観念がまだ発達していない乳幼児の集団生活施設では、
施設内での感染の広がりを防ぐことは難しいです。

しかし、手足口病は、発病しても、軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどですね。
感染してはいけない特別な病気ではないようです。
これまでほとんどの人がこどもの間にかかっているようです。

一般的な感染対策

○接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすること
保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員とこども達が、
しっかりと流水と石けんで十分に手洗いをすること。
タオルの共用は禁止です。

○排泄物を適切に処理すること
おむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをする。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加