スポンサードリンク

肺がんの放射線治療

放射線治療というものがあります。
肺がんの放射線治療で説明しますね。
それは、がん細胞にX線などの高いエネルギーの放射線を当てます。

それで、がん細胞を死滅させるという方法です。
局所療法と呼ばれていますね。
いわゆる狙った場所に放射線をあてて行う療法です。

放射線で狙った場所にしか効果はありませんね。
しかし、放射線がとても強力です。
早期で見つかった肺がんに対しては、
手術に相当する効果がある治療方法のようです。

ただ、この放射線治療にはリスクもあります。
それは、癌の病巣だけではなく、
周囲の正常な細胞にも放射線が当たってしまいます。

がんそのものが小さいうちは放射線量も少なくて済みます。
癌が大きくなればなるほど照射しなくてはいけない範囲も広がります。
人間に照射できる放射線の量には限界があります。

そのために治すのが困難になってしまうことがあります。
さらに、照射が広範囲になるにつれて、
副作用などに苦しむケースもあります。

 副作用の症状

副作用の症状としては、

○皮膚炎や食道炎
○痰や咳の増加
○微熱や息切れ

等があげられます。

通常は一時的だといいます。
しばらくすれば治まります。
しかし、症状が長引くようであれば担当医と相談しましょう。

幸い、最近では、画像診断などが進歩してきました。
ですから、正常な細胞はできる限り避けて、
病巣に放射線をピンポイントで照射することができるようになりました。

肺がんの治療も徐々に進歩していますね。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加