スポンサードリンク

熱中症の対策とその分類

熱中症はよく耳にしますね。
最近では、前よりも熱中症で搬送される人が多いと言います。

熱中症の対策

   

少しでも熱中症の症状が見られた場合は熱中症の対策をとりましょう。

①涼しいところへ移動

・できることならクーラーの効いている部屋へ、または風通しの良い日陰に移動。

②服を脱がせて冷やす

○扇風機やうちわで送風して体を冷却する。
○氷枕のような冷たい物を大腿の付け根や首やわきの下に置く。

③水分、塩分の補給

○冷たい水を与え、塩分も補えるスポーツドリンク(濃いので水で薄める)が便利

④病院へ搬送

○自力で水分がとれなければ、すぐに病院へ運ぶ

熱中症の分類

   

熱中症は医学界においては非常に分類が難しいようですね。
そのため症状や緊急性の判断が難しいといいます。
日頃から熱中症で引き起こされる症状をよく認識しておきたいものです。

少しでも熱射病の危険性があると感じたらすぐに病院に言って下さいね。

熱中症は医学的に、
1熱痙攣
2熱疲労
3熱射病
等3つの病態に分類できます。

軽症度がⅠ度(熱痙攣)

部分的な痙攣や短時間(数秒)の失神という症状が
軽症度のⅠ度の場合には起こります。
痙攣は腹筋や四肢にみられますね。

腹痛を感じることもあります。
失神はめまいや唇の痺れなどと共に見られるものです。
他にも呼吸回数の増加や脈拍が弱まることがあります。

中等度がⅡ度(熱疲労)

疲労感や虚脱感、めまいや頭痛が引き起こされるのが
熱中症中等度のⅡ度の場合です。
特徴として吐き気や嘔吐、失神など複数の症状が重なり起こります。

顔色が蒼白になったり、
大量に汗をかいて血圧が低下したりします。
もし脈が速くなったら注意しましょう。

重症度がⅢ度(熱射病)

自己の温度調節が破綻してしまい、意識障害や過呼吸などが起こるのが
熱中症の重症度となるⅢ度になります。
脳や肺、腎臓や肝臓など、複数の臓器で障害が起こる多臓器不全になってしまいます。

そうなると死亡することもあります。
特に注意しなければなりません。
このような熱中症がヒドイ状態になる前に、早めに病院を受診したいものですね。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加

07/11/2013 コメントは受け付けていません。 健康