スポンサードリンク

クラッチバッグとは何か|機能性と流行

クラッチバッグとは


クラッチバッグ(clutch bag)とは、肩紐や持ち手の付いていない

小型のハンドバッグのことで、トートバッグなど
大きいハンドバッグの中に入れて持ち運ぶ事もできます。

セカンドバッグの別名です。
クラッチバッグは、財布よりは大きいけれど、肩掛けなどの紐がありません。
手荷物しかないのですね。

脇に挟んだりして持っている人もいます。
肩からは大きめなバッグを下げ、
手にはクラッチバッグを持っている人も多くなりました。

実は、私は20年近く前から今で言うクラッチバッグを今でも愛用しています。
その中には、手帳や文庫本を入れて、何処にでもでかけています。
セカンドバッグと呼ばれていたものが

「クラッチバッグ」と名を変えて流行したわけですね。
一時期、セカンドバッグが流行していました。
今は、男女ともにクラッチバッグが広がりつつあります。

ルイヴィトン などの有名ブランドも
クラッチバッグを出すようになっています。
種類も多くなりました。
それだけに自分の好みに合うクラッチバッグを

選択するチャンスも多くなりました。
できるだけ自分にピッタリの個性的なクラッチバッグがいいですね。
売場には、用途に合わせて選択できるよう、
さまざまなクラッチバッグがでています。

○パーティーシーンなどで活躍するポーチサイズ
○A4サイズが入る、大き目のもの

最近の流行は、鞄の2つ持ちですね。
大き目のバッグとクラッチバッグというように両方を持つ方も増えています。
一つは肩にかけて、一つは手に持つのです。
私もこのタイプです。

クラッチバッグブームの背景

女性にとってクラッチバッグとは、何でしょうか。
それはエレガントさと、必要最低限のものだけを収めるという
機能性や知性備えたバッグといえそうです。

クラッチバッグは、すっきりと薄いです。
手や脇に抱える姿で女性を綺麗見せてくれますね。
男性にとっても小さなバックはカジュアルな装いにもよく合うし、

きれいで単純な服にもあいます。
最近、ipadのようにタブレットが利用され、
それらを入れるにもクラッチバッグはピッタリの大きさです。

機能的でカッコヨク見えます。
お財布と携帯、あとはタブレット、これらを収納するのに、
クラッチバッグは最高のアイテムになりつつありますね。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加