スポンサードリンク

汗かきと多汗症は違うものなのでしょうか?

 

汗かきと多汗症は、どちらも汗が多く出すぎています。
ですから、汗かきを多汗症と勘違いしている人が多いようですね。
私も勘違いしていました。

では、汗かきを多汗症とはどうのように違うのでしょうか?
汗かきと多汗症は違いがあります。
まずは、ドクターの診断もなしに自分で決めつけてしまうのは止めたいものです。

しかし、自分でも判断の基準になるものがありますので、
以下、紹介したいと思います。

○汗かき

汗かきは、体型や体質によって全身に汗をたくさんかきやすい状態になっています。
ですから、疾患ではありません。
例えば、太っている人は、皮下脂肪が厚いですね。

そのために体内の熱が体の外に出にくくなりますね。
汗をたくさんかいて体温調節を行うというのは、ただの生理現象です。
気温が高い時は誰でも体温を下げようとして汗をかきますね。

運動後や食後に汗をかいて体温調整を行います。
ですから、汗かきは、人間の生理現象であって病気ではありません。
汗かきにとって、夏場は嫌な季節になりますね。

○多汗症

主に手のひら、脇の下、頭部、顔足の裏、
などの局部に大量の発汗が認められる疾患を多汗症といいます。
しかし、多汗症は体温調節の必要がないときでも、大量に汗をかいてしまいますね。

身体異常の状態です。
ですから、季節に関係がありません。
常に汗をかいている状態を想像できます。

○緊張状態や不安になったときに汗をかく

交感神経の働きによる精神的なものです。
これは身体異常である多汗症とは別のものになります。
このように、汗かきと多汗症とは全く別のものですね。

混同しないようにしたいものですね。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加