スポンサードリンク

熱中症への対処法と予防のポイント

熱中症は、夏の季節に一番可能生があり心配される症状なんですね。
今年になって熱中症で搬送された人は
全国で4200人。去年の倍だといいます。

熱中症は誰しもがかかる可能生があります。
とても身近です。
熱中症の危険性を十分に知っておくことが重要です。

熱中症とは、体温調節の機能が上手く働かなくなる体の異常をいいます。

熱中症に至る過程

通常体温が上昇すると、体温調節を行なっている脳の中枢から、
体温を下げるよう指令が出されます。
そうすると、汗をかいたり血行を良くしていきます。

しかし体内にあまりに多量の熱が発生することがあります。
そのときには、体温の調節が上手くできなくなりますね。
それで熱中症が発症してしまうのです。

高齢者や子どもに熱中症は、かかりやすいようですね。
それは、年代や性別などにより、かかる条件はいろいろあります。
医学的に専門的に熱中症を説明してみますね。

熱中症はいくつかの症状や互いに関連しあって起こるものであります。
きわめて短時間で、軽い症状から重い症状へと急に変化する危険性があります。
最も重い重傷度になってしまうと、過呼吸や意識障害などが起こります。

死に至るケースという最悪の可能生もあります。
また熱中症は暑い夏の季節だけに発生すると思っている人は多いでしょうね。
実は寒い環境であっても、熱中症は筋肉から大量の熱が

発生されると脱水症状などが原因で発症します。
以上のように熱中症は注意点がいくつかあります。
知識をきちんと身に付けて熱中症
対策をしたいものですね。

熱中症への対処法

①すぐに涼しい場所への避難する
②衣服を緩めるたり脱がせたりする。
③濡れタオルをあててあおいで冷却する
④意識低下のあるとき以外は水分、塩分の補給をする
⑤自分で水分摂取ができないときは医療機関へ搬送

熱中症 予防のポイント

○周りの人にも気配りをする
○暑くなる日は注意する
○おかしい、と思ったら病院へ搬送
○高齢者は上手にエアコンを使用
○服装を工夫する
○水分をこまめに補給する

熱中症の予防には常に意識していきたいものです。

 

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加