スポンサードリンク

発達障害の症状とその特徴

最近、発達障害という言葉をよく聞きます。
有名人による自分は発達障害である、という告知も多いですね。
AD HDの発達障害の有名人には、 アインシュタイン、トーマス・エジソン、

アンデルセン、レオナルド・ダ・ヴィンチ等がいます。
生きていた当時にそう診断されたわけではないので
推定されるということでしょう。

発達障害の症状にもいろいろありますね。
人によって発達障害の症状については、個人差が大きいですね。
代表的なものとして、

○人が話し終わるまえにさえぎって自分の話しをはじめる
○会話がなりたたない
○他の人とのコミュニケーションができず一人遊びが好き

○話しのオウム返しが多い
○運動が苦手で不器用である
○言葉が遅い
○じっとしていられなっくて、いつも体を動かしている。

○気がつかないほど没頭して何かに集中すると声をかけてもわから
○ごっこ遊びがほとんどできない
○執着に近いこだわりがあり極端な偏食や服装である

○順番がちゃんと守れない
○読み書き、計算、推論などがほとんどできない
○集中力が続かない

○人の表情が読み取れず、思ったことをそのまま口に出してしまう
○他の人の邪魔をしてしまう
○すぐにキレて、暴力をふるう
○首がいつまでもすわらない

等がありますね。
医者の診断で病名がつけられることがあります。
もし、その診断名に特徴的な症状はあまりないように思うことがありますね。

そういう時は、他の医者の診察を受けてみるのも良いでしょう。
発達障害なのかどうかの判断は専門医がしかできないでしょうね。
発達障害でとても個人差が大きいことがあります。

そういうときは、診断名を特定することが難しいようです。
周囲には、付き合いにくい子でちょっと変わった子だと
思われている子どもがいます。

そういう子が、本人の生きにくさや孤立感、
苦悩などは理解されないまま大人になることも多い様です。
大発達障害による症状が出ていても、その程度が軽かったので、

周りも気にしなかったのでしょう。
そういう人は、周囲の無理解によって傷つけられてしまうことも多々あります。
その結果、うつなどの二次症状が起こることもあるようですね。

そうなると、早い時期で発達障害と診断されて、
それなりの訓練や治療を受けた方が
本人のためになるような気がします。

スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

    None Found
このエントリーをはてなブックマークに追加